FC2ブログ

とっけんてきにくたいろん

唐さんの『少女仮面』をやるってことになってから、
読書! してます。

まずは、シアタートークのゲストでもある
扇田昭彦さん著 「唐十郎の劇世界」

もちろん、外してはならない!!
唐十郎さん著 「特権的肉体論」

タイトルに惹かれました!!
樋口良澄さん著 「唐十郎論」

最初に読み始めてのは扇田さんの「唐十郎の劇世界」!
これはまさに!唐十郎の劇世界!なのです!!
この本の内容紹介に
「唐十郎という稀有な才能の活動と疾走を、共感をもって目撃し、
伴走してきた演劇ジャーナリスト・劇評家による、40年間にわたる劇評・作家論の集大成。
「吸血鬼」「少女仮面」「下谷万年町物語」他多数を目撃、証言。」
と紹介されているだけに、この本を読んだだけで、
私は状況劇場の舞台とともに歩んできた!なんて錯覚をおこしちゃうのです。
タイトルを言われて、どんなお芝居だったか答えられるほど!
状況劇場~唐十郎をあますことなく堪能できる一冊です!

そして、「特権的肉体論」!
まさに!です。
扇田さんの一冊で頭が状況劇場化していた私には結構すんなり読めています。
唐さんの「芝居」に対する熱と「役者」の「存在」に対する熱。
赤い表紙に表れている熱-血がすべてを物語っている本だと思います。
台本に書かれている見逃しがちな たった一言 にも世界が溢れている。
今、私のお気に入りは「背景」というコトバです。
水道飲みの男がポロっと言うんですね。「背景」ってコトバを。
その「背景」というコトバがどういうものなのか。
「背景」があるからこそ、観客はわくわくして魅了されていくんだなぁ。
そんな「背景」を背負って舞台に立ちたいな。。
想像しただけでわくわくします!これがアングラなのでしょうか?
直接的に「血」に訴えかけてくる気がするんですよね。
太鼓の音を聞いた時のような そんな感じ。。
もうちょっと読み進めます!

まだ読み始めて間もないのが、「唐十郎論」
「特権的肉体論」で頭がぐわぁんぐわぁんした時にハシヤスメ的に読んでます。
とても読みやすい文体で、とても客観的に「唐十郎」を「論」じています。
この読み方、オススメですよ!
「特権的肉体論」でほてった体を「唐十郎論」で冷やす。
サウナと水風呂です。。

と、読書ばかりじゃいけません!!
昨日から立ち稽古に入ってますよ~!
およその舞台をバミって、椅子などをおいて・・・。。

ウフフ。

桃園会版 『少女仮面』
面白くなりそうですよ!!!

セリフを覚えて、特権的肉体で挑めますか?
いや、挑まんわけにはいかんでしょ!!

お歌の稽古も始まりました!

明日から9月!!
頑張りますぞ!!!!








スポンサーサイト



稽古 開始 です !!

さて、桃園会第45回公演
 『少女仮面』
の稽古が始まりましたよ~♪

昨日は、スタッフさんも来られて早速美術の打ち合わせなんか始まっちゃいました!

おぉ!何だか気合十分ですぞぃ!

初めてご一緒する客演さん方と自己紹介をささっと済ませて

本読み!です!!!!!

わぁ~♪♪♪

自主練でも一応、役を回しながら本読みしてたんですが・・・

やっぱり、キャストの方々が読むと 面白い!!!!

ウフフッ❤

今から楽しみです♪

そして!

楽しみ?なのか 楽しく?できるのか 
始まる前から 不安は山ほど積っております 「歌」 があるのです!!

「歌」 です! 「歌」!
「歌」う の です。
当たり前ですが・・・。。。

そういえば、覚えてらっしゃるでしょうか?
第14回公演『黒子な私』
第16回公演『イルカにのってみる?』

はい。歌ってました。
沖縄民謡と演歌。
演歌に至っては、
「あの歌声で何だかほっとしました」とアンケートに書かれたなぁ。
「ほっと」する歌声。
いやいや!
歌声に「ほっと」するんじゃなくて、
歌そのものに「ほっと」するんですね。
何だか場を和ませるんですね。私の歌。
こう言っちゃぁ~聞こえは良いが、つまりは下手なんっすよ!!
「くすっ」と笑いが出ちゃうほどの音痴っぷり!
歌の上手な人が下手に歌うのと、音痴はまったく別物!!
だって、本人は真剣なんですから!
真剣に、自分の音が高いのか低いのか分からないんですから!!
そして音階の迷宮を彷徨うんですから!
でも、幕内でずっとCD聞きいてると少しは歌っぽくなったんですよ!
歌っぽくなったらなったで、
演出から「上手くなってきたからダメ!」というダメ出しが・・・。
そしてCDを聞いちゃダメ!と。。。
はい。音階の迷宮を彷徨いました。
彷徨ったあげく、どんな歌だったのかも覚えていない始末です。。

そんな私が 「歌」 ですよ!!

歌唱指導の先生!!
よろしくお願いします!!!
ホント手強いですよ!私!!
自慢にもなりませんが・・・。

そんなこんなもひっくるめて『少女仮面』です!!!

さぁ!!!
お稽古!お稽古!!!

頑張りま~す♪♪



さて!!!

お待たせしました!!

桃園会第45回公演
『少女仮面』
本日から!!
チケット発売開始ですよ~♪
予約もじゃんじゃん承りますよ~♪

さて、詳細は・・・


現代演劇レトロスペクティヴ 
桃園会第45回公演
『少女仮面』


【作】 唐十郎   【演出】 深津篤史

【出演】
はたもとようこ 森川万里 長谷川一馬 橋本健司 寺本多得子 原綾華 阪田愛子 
橋本浩明(燐光群) 津久間泉(空の驛舎) 米沢千草(エイチエムピー・シアターカンパニー) 
隈本晃俊(未来探偵社)

【会場】
アイホール 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1 TEL:072‐782‐2000

【日時】
2013年10月
4日(金)19:30~
5日(土)15:00~/19:00~
6日(日)15:00~

◎受付開始(整理券発行、当日券販売)は開演の40分前、開場は30分前。
◎原則的に就学前のお客様はご遠慮願います。

※6日(日)15:00公演終了後シアタートーク有り ゲスト:扇田昭彦さん(演劇評論家)


【料金】
前売一般  3,000円 前売学生 2,000円
当日一般  3,300円 当日学生 2,300円
ペア券   5,000円(劇団前売、予約のみ扱い)
日時指定・全席自由
初回特別料金
☆4日(金)は初回特別料金一律2,000円となります。劇団前売・予約限定。
予約・前売で満席にならない場合のみ、当日券を発行します。

リピーター割引き
2度目以降、本公演をご覧のお客様は一度目の半券をご提示ください。
一律1,500円にてご観劇いただけます。


チケット発売日 2013年8月4日(日)
チケット取り扱い
●チケットぴあ TEL:0570-02-9999 Pコード[430-191]
●劇場 TEL:072-782-2000(電話予約のみ)
●桃園会
TEL:06-6955-7866 
※留守番電話になっている場合、お名前・ご連絡先・ご来場日時・券種を録音してください。
メール予約 
ticket@toenkai.com※メールでご予約の際は、お名前・ご連絡先・ご来場日時・券種を明記してください。
予約フォーム


いやぁ!いろんな方々から「期待してるよ!」のお声をかけて頂いてます!!
ご期待に添えるように いや! 期待以上に楽しんで頂きますよ!!!
と、まだ稽古始ってませんがね。。
でも、自主練習は始めてますよ♪

身体をつくって、体力体力!
腹から声を出して、唐世界×深津世界 体現させて見せますよ!

ご期待あれ♪♪

07 | 2013/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

森川万里

Author:森川万里
“おやじもり”とは
“おやじなもりかわ”の略。
“おやじ道”ひた走る。
お酒大好き“おやじもり”の日々。 

S-pace身体ラボ発表公演
『いとまごえ』
10月1日(日)14時/18時

1日のみの贅沢公演♪
作・演出・出演に挑戦です!! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる