FC2ブログ

しゅうえんしました。。

桃園会第47回公演
『覚めてる間は夢を見ない』
昨日、無事、終演致しました。。

ご来場のお客さま、スタッフ&キャスト&お手伝いの皆さん、
本当に本当にありがとうございました!!!

皆さんのご協力、お力添えがなければ出来なかった公演です。

いろいろご迷惑とご心配をかけてしまった事と思います。

劇団の中でも、いろいろ話し合いを重ねた結果の今公演です。

楽日の小屋打ち上げ最終には、めちゃくちゃ「青春」な1シーンもあったのですが、
それを知っているのは、ホンの数名・・・。。

一つの作品に向かう中で、個人の思い以上に集団の意思が大切になります。
その集団の意思の前では、個人の思いが実らない事も多々あります。
それでも、作品を上演するまでは、お客さまにご覧頂くまでは、
先に進まなければなりません。
いろいろおいてけぼりになってしまった思いは、今では良い勉強でした。

今回の公演をしっかり受け止め、次のステージに進みたいと思います!

本当にありがとうございました&お世話になりました!!

スポンサーサイト



さめてるあいだはゆめをみない

いよ!いよ!いよ!です!!!

桃園会第47回公演
『覚めてる間は夢を見ない』

先日、第一回の合同稽古でした!

そこで、見事!砕け散った私でありました・・・(トホホ。。。)

同じダメを出されるとは・・・。。
進歩なしであります・・・。。

調子に乗ると、セリフがうねる。。
セーブすると、暗くなる。。
良いとこなし。です。  いやはや。。

分かってるんです。自分でも。
「あぁ、調子のってるなぁ。」 とか、
「あぁ、暗くなってるなぁ。」 とか。

その間が大切で、その間が不安定で、
でも、そこで勝負したいのです!私自身も!!!

未だ、課題山積!!!

あと、10日です!!

まだ、10日あります!!!

ココからです!!!

面白いです!!!

ファンタジーです!!!

3者3様、
覚めてる間は 見れない 夢 を
舞台という果てしない空間に投影します。
それは、 夢 という名の 現実 です!
私たちの現実は、舞台に夢を紡ぎだしていく事なんです!!!

さぁ!ラストスパートです!!!

弱音を吐かず、前を向いて突き進みますぞ!!!

皆さま!
桃園会が紡ぐ夢のお話を是非ご覧くださいませ♪♪

桃園会第47回公演

『覚めてる間は夢を見ない』
〜ある漁師の話・覚めてる間は夢を見ない・ぶらんこ〜

作・総合演出/深津篤史
演出/深津篤史・空ノ驛舎(空の驛舎)・筒井潤(dracom)

会場 : ウイングフィールド

2014年6月
25日(水)19:30
26日(木)15:00 ☆
27日(水)19:30
28日(土)15:00/19:00
29日(日)15:00

☆6/26(木)15:00の公演は【完全予約制】になります。。

前売一般  3,000円 前売学生 2,000円
当日一般  3,300円 当日学生 2,300円
ペア券    5,000円(劇団前売、予約のみ扱い)

劇団サイト
桃園会

ご予約がまだの方は是非
↓↓↓↓↓
おやじもり予約ページ
からご予約くださいませ♪ませ♪

ご予約お待ちしておりま~す♪

6/10 らぼメモ

難しいもんです。。

身体とセリフ。

自分の身体性を把握しながら、その身体性から音(セリフ)を出す。。

ってことで、6/10のらぼメモは・・・

・ 尾てい骨からの動き → 内側から空間を広げる

・ ゆび人形

・ 身体とセリフ

・ 骨を動かす(2人組)


まず、自分の身体性を把握するのが難しいのですね。

把握するのと制御するのはまったく違う。
頭で動くのではなく、身体が動くものを頭が何となく覚えてる。
身体を感じるのです。
身体が何を言わんとしているかをキャッチする。
その動きに音(セリフ)が共鳴する。

怒りのセリフを言うのに、身体がとってもリラックスしている中では
到底怒りの音(セリフ)が生まれない。
身体が怒っていれば、そこから発せられる音(セリフ)は自ずと怒りを孕む。

そう!
感情を作るのではなく、身体に基となる激情を孕ませる!
だからと言って身体性はその激情だけに支配されること無く、
相反する冷静さをも兼ね備える。

相手の身体となれば、客観性を持って触れることが出来るんだけどね・・・。

今月のラボはココまで。。

来月は7月8日(火)と22日(火)です!

また、一から身体と向き合っていこうかと思います。

6/3 らぼメモ

昨日は雨が降っていたので、
身体をリセットするために、

・ ドライで柔らかなものが広っていく

から スタート です♪

感覚の目覚めはホントに難しい。。
ドライなものって言われてもなぁ。。
身体ラボの難しい点。
それは、「すべては自分の中にしかない」って事。
正解・不正解で二分できない感覚は、
意識と無意識の中で交差する記憶。
コトバで理解できても、感覚・体感として蘇ることはまた別問題。
でも、コトバで伝えるしかできない矛盾。
確かに、そこにある感覚の目覚めをいかに意識化して、無意識につなげていくか。
相反する二つの狭間で、揺れ動くものこそ真実であると思う。

・ シェイクスピアのセリフを身体で語る

来週もこの課題で集中的に、身体と音(声・セリフ)の関係を見つめます!

「己の身体は器である」

師のコトバが少しずつ私に浸透していきます。

舞踏体と役者体が平行線だった10年前から、
ようやく一つの身体として「在る」。
そこには用意された感情など入る余地がなく、
ただ「在る」ことから始まる。

そうだ。10年もかかったのね。
でも、ゴールではないね。
だって、ようやくスタート地点に立てたんだもの。

まだまだ。。

そう。まだまだ!これからなのです!



5/27 らぼメモ

次回は明日だというのに・・・。

遅くなりましたが、 5/27 の らぼメモ です。

・あたまの体操

・身体の宇宙

・にわとり

・うま

・闘牛

身体を器にすること。。

細胞レベルの記憶を、器としての身体に蘇るスイッチを探す。

乗馬する人間の身体から、馬そのものへ変化する。

外側じゃなく、内側を変化させるという事。

・・・なかなか難しいんですが、感覚として「そのもの」に成るという事。

そして、「そのもの」の声で鳴く→語る。

明日はココから再開です!!

って事で、前回はお店がいっぱいだったので諦めた「風花」へ♪

久々の風花のお造りに、生春巻きetc。

〆はがっつり、カレーうどん!

これまた最高♪♪

ビールに日本酒でしっかり〆ました♪♪

さめゆめ

さて さて さて!
いよ いよ いよ、6月です!!
6月と言えば・・・
そう!桃園会の新作公演でございま~す♪
パチパチパチ~♪♪

今回は新旧織り交ぜての3本立て!一挙上演でございます!

ご覧になった方もたくさんいらっしゃると思いますが、
遊劇体さんが2012年に上演されました 深津作の『あやかし~三題』から
「ある漁師の話」と「ぶらんこ」を
そして!それらを繋ぐ2話めは、待望の新作!
「覚めてる間は夢を見ない」です!!!

チケットは絶賛発売中でございますよ~~♪

ちなみに、おやじもりチケットを買って頂ける方は!
 ↓↓↓↓↓↓↓
こりっち予約フォーム

特典 : おやじもりが大いに喜びます(^0^)/

ってことで、公演の詳細は・・・

桃園会第47回公演

『覚めてる間は夢を見ない』
〜ある漁師の話・覚めてる間は夢を見ない・ぶらんこ〜

作・総合演出/深津篤史
演出/深津篤史・空ノ驛舎(空の驛舎)・筒井潤(dracom)

会場 : ウイングフィールド

2014年6月
25日(水)19:30
26日(木)15:00 ☆
27日(水)19:30
28日(土)15:00/19:00
29日(日)15:00

☆6/26(木)15:00の公演は【完全予約制】になります。。

前売一般  3,000円 前売学生 2,000円
当日一般  3,300円 当日学生 2,300円
ペア券    5,000円(劇団前売、予約のみ扱い)

劇団サイト 桃園会


ご覧のとおり、3演出家による3作品三つ巴公演です!!

もちろん、劇作家は深津篤史!

この深津作品に挑むは、
空ノ驛舎さん と 筒井潤さん!!
お二人とも、前作、前前作で演出補佐について頂きましたが、
今回はがっつり「演出」をお願いしました!!

お二人の世界観に本家(?!)深津の新作&演出!!!

いや~ぁ、見ごたえ たっぷりっぷり♪ でお届け致します♪♪

稽古場日誌も どんどんアップされていますよー!
↓ ↓ ↓
覚めてる間・・・の物語

ご予約お待ちしておりま~す♪♪

05 | 2014/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

森川万里

Author:森川万里
“おやじもり”とは
“おやじなもりかわ”の略。
“おやじ道”ひた走る。
お酒大好き“おやじもり”の日々。 

S-pace身体ラボ発表公演
『いとまごえ』
10月1日(日)14時/18時

1日のみの贅沢公演♪
作・演出・出演に挑戦です!! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる